忙しいDUAL世帯に向けて、お金の運用を説明する「金持ちDUAL、貧乏DUAL」。今回からは「外貨投資編」に入ります。外貨投資とは、日本円を米ドルなどの外貨に替えて、外貨預金、外貨MMF(マネー・マーケット・ファンド)、投資信託、外貨建ての保険などの金融商品で運用すること。つまり、ドルやユーロ建ての資産にどう投資するかという話です。どんどん円安が進んできた中で、これからぜひ覚えておきたい投資の一つです。今回は、外貨投資の基礎知識について解説します。

 DUAL世帯では、これから教育費、住居費などの負担に耐えながら、同時に老後資金もつくっていかなければなりません。そうしたときに円安・インフレという新しい波が来ると、様々なものが値上がりし、資金計画が狂う可能性があります。

 円安・インフレが進んだ際に痛みを和らげてくれるのが、外貨投資。例えば、ドルに投資した後で円安になれば(1ドル=110円から120円になれば)、円に戻したときの手取りが増えるからです。

 でも外貨投資には、実は多くの注意点があります。それを知らないと、お得な取引をしたつもりが、結果的に損をしているということになりかねないのです。

まず、円高、円安の基本について知っておこう

 とはいえ、まずは「円高、円安とは何か」「円相場は過去、どのような要因でどう動いてきたのか」という全体像を理解する必要があります。「円高、円安とは何か」は簡単過ぎるかもしれないので、知っている人は飛ばしてもかまいません。

 次の図を見てください。つい数年前まで、1ドル=80円のときがありました。最近は、1ドル=110円に近い水準になっています。

 80円から110円になったということは、為替が円安方向に動いたということになります

 というと、「数字が大きくなったのだから円高では?」と思うかもしれませんが、これはドルを基準に表示しているための錯覚。

 1円当たりのドルを考えると、1ドル=80円のときは1÷80で1円=0.0125ドルだったのが、1ドル=110円のときは1÷110で1円=0.009ドルと、1円当たりの価値は安くなっています。1円当たりの価値が下がったのだから、円安であると分かります。

次ページから読める内容

  • 為替相場が動く理由は「金利」と「貿易」「インフレ率格差」
  • インフレ率格差で変わる、円とドルの価値
  • アベノミクス効果で、円安傾向に

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。