中学受験で志望校を決めるときに重要なのが、実際に学校関係者に話を聞く合同説明会。実際に足を運ぶと、大勢の親子が熱心に資料を集め、質問している姿をみることができます。この説明会にはどんなものがあり、いつごろから参加すればいいのでしょうか。

一度にたくさんの学校に出会える合同説明会には、低学年から足を運んで

 こんにちは、受験ライターの越南小町(えつなん・こまち)です。前回の「受験ど素人のための中学校、第一志望校選び」に引き続き、共働き中学受験の「基本のキ」情報をお伝えします。

安田教育研究所代表の安田理さん
安田教育研究所代表の安田理さん

 学校選びの参考となる学校説明会などは、いつの時点で行くべきものなのでしょうか?

 「一般に中学受験は、小3の2月から始まると言われていますが、それは大手進学塾の中学受験のカリキュラムがスタートするのがその時期だからです。ですが、実は学校選びはそれ以前から始めておくべきものなのです」

 そう話すのは、「12歳でわが子に突き付けられる、5つの選択肢」でもご登場いただいた安田教育研究所の安田理さんです。中学受験をはじめ、様々な学校にも詳しい安田さんも、各学校の取り組みを知るための場として、毎年多くの学校の学校説明会に出席していると言います。

 学校説明会は、大きく分けると2つあります。一つは複数の学校が一堂に集まって行われる合同説明会、もう一つは各学校で行う学校説明会です。

 合同説明会は春から秋にかけて、様々な場所で開催されています。大規模なものでいえば、毎年5月中旬に開催される「東京私立中学合同相談会~Discover私立一貫教育~」、5月末に開催される「ベネッセ進学フェア」などがあります(どちらも会場は東京国際フォーラム)。「東京私立中学合同相談会」には都内の全私立中学校が、「ベネッセ進学フェア」には首都圏の私立中高一貫校が180校参加します。

 その他に「キリスト教学校合同フェア」や「カトリック学校フェア」などのキリスト教の学校を集めたもの、「東京私立男子中学校フェスタ」「私立女子中学に触れる会 shisyokukai」などの別学を対象にしたもの、沿線の学校を集めたもの、大手学習塾が主催のものなど、様々な合同説明会があります。合同説明会の年間スケジュールは、各中学受験専門のサイトなどで紹介されているので、こまめにチェックしておくといいですね。

次ページから読める内容

  • 志望校が絞られている場合は、小規模な合同説明会がお薦め
  • その学校の真の姿を見るための「学校説明会チェックポイント」
  • 当日集まる親の姿を見て違和感があったら再検討したほうがいいかも
  • 共働きでも参加しやすい「オンライン学校説明会」

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る