「共働き家庭の資産運用って?」「今は貯蓄だけ…今後どうしたらいい?」「投資に興味があるけど調べる時間がない」――。「資産運用」について、編集部にたくさんの声が寄せられています。そこで、今回よりスタートする新連載では、資産運用をしているDUAL世代の方にご登場いただき、具体的な成果に加え、心境の変化、夫婦の会話など、赤裸々なレポートをお届けしていきます。(以下、本文中の人名は仮名)

 第1回は、小学生と保育園児の2人のお子さんがいる共働きのご家庭。700万円の貯蓄が、資産運用により約6年間で1100万円に増えました。夫の斉藤健二さんは「以前はお金について何も知らず、将来に漠然とした不安を抱いていました。でも、資産運用のおかげでその不安もだいぶなくなりました」と言います。

【取材したご家族】
 斉藤健二さん(41歳)…医療系法人勤務
    澄子さん(41歳)…保険会社勤務
 長女(小学校1年)  …習い事:英会話、音楽教室
 次女(保育園年長) …習い事:英会話
  東京在住。賃貸住まい。夫婦とも四国出身。世帯年収は約1300万円。資産は、投資・預貯金合わせて約2500万円。2008年から累計700万円を投資に回し、2014年現在1100万円にまで増やした。

お金の知識は、財形貯蓄程度 親になり、漠然とした不安を感じるように

健二さん 2006年に結婚して、翌年、長女が生まれました。それまでは夫婦がそれぞれ財形貯蓄をする程度で、お金の知識はほとんどありませんでした。

 でも、子どもの将来について考え始めたときに、金銭面で漠然とした不安を感じたんです。2人とも働いてはいるけれど、責任を持って子どもの教育資金を準備できるのか、また年金をもらうころには私達自身の生活資金だって不安。さらに子どもの世代になると、全く期待ができないのでは……と。

 「お金について、何かをしなくては」というボンヤリとした思いを抱えていたんです。

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。