おそるおそるヨメに昨日のことを謝ると、それに対して一切怒らず、「疲れてたからねぇ」と一言。さすがのオトナな対応です。正直、ホッと胸をなでおろしました。

 でも、自分も偉かったなぁと思うのが、その日どんなに酔っ払って記憶をなくしていても、子どもたちだけはお風呂に入れて寝かしつけていたことなんです! もうルーティンになってるから、無意識でできるみたいなんですよね。

 それに、お風呂も最後にちゃんと洗ってたみたいで、自分でもびっくり。あ、でもみなさん、真似したらダメですよ! 本当に危ないですから。

 ヨメにも「パパ、それだけはすごい…」って褒められて(褒められた?)、上機嫌の僕です。とはいえ、お酒はほどほどにしないと、ですね。

今日のコウさんちの晩ごはんは、玉ねぎだれの柔らかしょうが焼き

●材料(2人分)
豚ロース肉(しょうが焼き用)……6枚
キャベツのせん切り……2~3枚
★合わせ調味料
しょうゆ、みりん……各大さじ1
砂糖……小さじ1
酒……大さじ2
しょうがのすりおろし……1かけ分
玉ねぎのすりおろし……1/8個

●作り方
1.豚肉は赤身と脂身の境目に数箇所切り目を入れ、包丁の背でたたく。バットに合わせ調味料を混ぜ合わせ、豚肉を10分ほど漬け込む。

2.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、汁気をきった豚肉を広げ入れ、途中裏返して両面をこんがりと焼き、1のバットに残ったつけ汁を回しかけて全体にからめる。器にキャベツを盛って豚肉をのせ、フライパンに残ったたれをかける。

【ポイント】
最近、子どもたちは肉好きになってきたんですが、子どもって筋があると上手に噛みきれないんですよね。玉ねぎのたれにからめてさっと焼くことで、お肉が柔らかく仕上がり、甘みも出るので子どももたくさん食べてくれますよ。

(ライター/伯耆原良子 写真/鈴木愛子)