アベノミクスの成長戦略にも記載されている、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」。中でも会社に雇用されている人が、家で仕事をする「在宅勤務」は、子育て中の働くパパママにとってのメリットは大きい。

 8月26日、私は、安倍晋三首相が開催する「まち・ひと・しごと創生に関する有識者懇談会」に出席し、プレゼンをする機会を得た。今後の政府の方針を検討する重要な場に、テレワークを推進している私が呼ばれたという事実だけでも、国が真剣に取り組もうとしていることがわかる。

 

<a href=総理官邸「まち・ひと・しごと創生に関する有識者懇談会」(総理官邸ホームページより)">
総理官邸「まち・ひと・しごと創生に関する有識者懇談会」(総理官邸ホームページより)

 国はこれまで、仕事と家庭の両立支援策を数多く講じてきたが、成功しているとは言いがたい。その理由の1つは、「休む」施策が中心で、「働きたい人」が利用しにくかったからだと私は考えている。もちろん「休む」ことは重要だ。しかし、「柔軟に働く」こともできなければ女性活用、少子化対策、労働力確保、そして地方創生につながらない。

 ここでは、私がテレワーク推進の中で出会った「制度があっても、退職せざるを得なかった母親たち」を紹介したい。その理由は、私と話をして彼女たちが口をそろえてこう言ってくれたからだ。

 「在宅勤務ができていたら、会社を辞めなかったかもしれない」

次ページから読める内容

  • 「もう2人目を産むことはできない」(Aさん)
  • 「短時間でしっかり働くのは贅沢?」(Bさん)
  • 育児休業中は仕事をしてはいけないの?(Cさん)
  • 田舎で子育てができても、仕事が選べない(Dさん)
  • 「テレワーク」という選択肢があれば・・・

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。