スマートフォンは我が子の日常を撮るのに便利。だからこそ、この夏、子どもを素敵に撮影して「親ばかフォト」を残しませんか? DUALで大活躍中、みずからも一児のママである鈴木愛子カメラマンが、子どもの写真の撮り方を教えます。

 3回シリーズでお届けしている「スマホ撮影上達術」、1回目の「スマホ子ども撮影術 日常の一瞬が一生の宝物に」。2回目の「公園で我が子撮影 超どアップで汗まで撮ろう!」に続き、最終回は、屋内の遊び場で素早い動きをする子どもを撮影するときのコツを紹介します。

奇跡の1枚はどうやったら撮れる?
奇跡の1枚はどうやったら撮れる?

 今回は、東京・文京区の東京ドームシティにある都内最大級の屋内遊び場「アソボ〜ノ!」で撮影しました。

 ここは、子どもにとっては夢のような遊び場。ボールプールやトランポリンなど、体を使って思い切り遊べるうえに、おままごとやお人形遊び、ミニカー、電車、ブロックなど、おもちゃもたくさんそろっています。

「アソボ~ノ!」の利用料金は子どもが60分930円(延長30分410円)、1日フリーパス1550円(特定期間を除く平日のみ販売)、おとな入館料930円。東京都文京区後楽1-3-61、TEL: 03-3817-6112
「アソボ~ノ!」の利用料金は子どもが60分930円(延長30分410円)、1日フリーパス1550円(特定期間を除く平日のみ販売)、おとな入館料930円。東京都文京区後楽1-3-61、TEL: 03-3817-6112

動いている子どもを追いかけることが重要

――「アソボ〜ノ!」に来てから、子どものテンションは上がりっぱなし。興奮して一瞬たりとも止まることなく遊び続けています。写真を撮るチャンスが全然ありません。

鈴木愛子カメラマン(以下、鈴木) 動きまわって遊ぶ子どもを撮るには、ママやパパも子どもと一緒になって動かないといけませんね。

――こういう屋内遊び場は、親は座って見ていられるから楽なのですが、それではいい写真は撮れないということですね。

鈴木 ずっと動くのは大変なので、「撮るぞ」と決めて5分でも10分でもいいから、子どもに張り付いて撮影するといいですよ。

ボールプールで撮影中 動き続ける子どもをスマホ片手に追いかけて撮影
ボールプールで撮影中 動き続ける子どもをスマホ片手に追いかけて撮影

――鈴木さんもずっと動きっぱなしでしたね。子どもの次の行動を予測して動くあたり、プロはそうやって撮るんだ!と勉強になりました。

子どもが登り始めたら、先回りして頂上でスタンバイ
子どもが登り始めたら、先回りして頂上でスタンバイ

ほしい絵を撮るために、声をかけて誘導

――子どもにカメラを向けると、いつも同じポーズと表情なのが気になります。どうしたら変化をつけられますか?

次ページから読める内容

  • カメラを動かしながら撮ると、スピード感が出る
  • 自然光の入らない場所ではデジカメも必要

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る