鈴木 あと、天気のいい日なら、空や緑を背景にしてお子さんを撮ると素敵な写真になります。

――あまり見ないアングルは新鮮ですね。


滑り台の上にいる子どもを至近距離から見上げるようにして撮影


空と木々の緑を背景にした夏の日の爽やかショット

あえて顔を写さないのもアリ、超どアップもアリ

――子どもを撮ろうとすると、顔がはっきり写るようにいつも近寄ってしまうのですが、下写真のように、遠くから撮るのもいいですね。あと、顔は写っていないけれど影の写真も素敵です。


虫を探しているところを上から撮影。影が印象的


背の高い木に囲まれた気持ち良い公園でボール遊び


ボールを空へ放った瞬間を捉えた1枚

鈴木 背景によりますが、絵になる場所なら離れたところから撮影するのもおすすめです。きれいな景色にぽつんと子どもがいる写真とか、思い出に残ると思いますよ。反対に汗が写るくらい超どアップの写真も撮っておくといいですよ。アップが耐えられるのは子どものうちだけですから。


こんなに寄っていいの?というくらいスマホを近づけて撮影

――このぷるぷるした肌、ぜひ残しておきたいですね。次回は素早い動きをする子どもの撮影術を紹介します。

(ライター/辛智恵、撮影/鈴木愛子)

豪華賞品付き!家の中で撮った思い出の写真を募集中!
家族が思わず笑顔になるハッピーな写真で今すぐ応募を!フォト&ムービーコンテスト実施中!

 共働きファミリーにとって最も大切なかけがえのない場所である『我が家』で、家族が思わず笑顔になった『幸せな瞬間』を撮影した、写真または動画を募集中です!

 あなたのスマホやPCには、家族が思わず笑顔になるハッピーな写真や動画がたくさんあるはずです。そんな秘蔵の写真・動画で、今すぐご応募下さい!ダイソンの最新コードレス掃除機、フルハイビジョンビデオカメラ、GoProビデオカメラ、商品券といった豪華賞品もご用意しています。思わずほっこりとする写真・動画を、楽しみにお待ちしています!

■コンテストの詳しい情報はこちら
http://dual.nikkei.co.jp/pr/moviecontest/