小学校受験をさせるのは当たり前? しなくてもいい?

「はぁ~?」

 そんな夫の第一声に「まさか、させるの?」という気持ちが現れていました。

 あ……、これ、「お受験」の話ですよ~っ。

 そして、冒頭の言葉は「(長男の)小学校、どこ受けさせよっか?」という私の問いに対してのもの。で、言われた私のほうも、「はぁ~?」って感じで。

 私にとって、受験はごく当たり前のことだったんです。なぜなら、私自身が小学校の受験を経験していたから。中学校まで持ち上がりで進学しました。

 だから、息子にも当然のように「受験を」と思っていたのですが、夫は違っていたみたい。「うち子が受験? なんで?」という思いがあったようです。そうか、夫婦でも考え方が違うから、これはお互い歩み寄っていかないといけないなと思って……。その後、子どもの受験について時間をかけて話し合いました。

 夫の意見を聞きながら、「受験しなくてもいいのかも」と考えたりもして……。

 地元の公立という環境で育てるというのも一つの考え方。でも、私は、自分自身に、母親としての自信がない面もあり、自分が経験してきたものと似ている環境で子育てをするほうが、少しは自信を持てるかな、と思ったんです。知らない環境で育てるのは、やっぱりちょっと自信がなかった。 

 私は、どちらかというと自由に伸び伸びと育ったほうかもしれません。でもそれは、親が与えてくれた環境があったからこそのような気がする。安心して伸び伸びできる環境を探したら、自分が知っている学校だったり、「受験」ということだったんですね。

次ページから読める内容

  • 大好きな読書を思う存分するために、受験は早いとこ済ませたほうがいい
  • お受験生活でぶつかった、独特の“常識”の嵐
  • 合否はその子の成長のタイミングの問題でもある
  • 中学受験は、親は時間&健康の管理とお金の支援しかできない

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。