大人がお金を使った記録は「家計簿」で管理をします。子どもの場合は「おこづかい帳」ですね。では……あなたは家計簿を付けていらっしゃいますか?

 親が家計簿を付けていないのに、子どもに「おこづかいを使ったらおこづかい帳を付けなさい」と言っても、ちょっと説得力がないかもしれませんね。

おこづかいをウォールポケットで管理する「お金カレンダー」

ポケットにコインがそのまま入っている。★マークは習い事や遊びに行く予定がある日の目印。お手伝いをしたときはお手伝いカードをポケットに入れて、臨時のおこづかいをもらう
ポケットにコインがそのまま入っている。★マークは習い事や遊びに行く予定がある日の目印。お手伝いをしたときはお手伝いカードをポケットに入れて、臨時のおこづかいをもらう

 でも、安心してください。家計簿ナシでも、おこづかい帳がなくても、子どもが上手にお金を管理できる方法があります。それが、「お金カレンダー」です。

 「お金カレンダー」は、使った記録を付けて振り返るおこづかい帳とは異なり、おこづかいを使う前の「計画性」と「見える化」を重視したもの。
 1カ月の予定を考えておこづかいを振り分けることで、お金を使う予定日とその金額が確認でき、使うと減ることも視覚的に理解できるグッズなのです。

 使い方はカンタンです。

次ページから読める内容

  • 子どもがムダ使いしていても、ぐっと我慢。失敗経験は必ず役立つ
  • 子どものやる気を引き出すツールとしても活用

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る