子どもはお金が大好き! 小さなころからお金に興味を持ち、ママやパパのお財布を触りたがったり、自分でお金を払いたがったりします。
 初めてレジに立ち、自分のお金で自分が欲しいお菓子を買ったときの誇らしげな表情や、スーパーで「ギャー!!!」とどんな悲しいことがあったのかというぐらいに、大きな声で泣いてお菓子を買ってもらいたがる子どもの姿も誰もが目にしたことがあるでしょう。

 あなたは子どもが「これ、買って!」とせがんできたときや「おこづかいが欲しい!」と言ってきたとき、どのように対応していますか? 

 子どものおこづかいは、「あげる派」「あげない派」に分かれるようです。

小学生の8割はお小遣いをもらっている

 ご覧いただいた通り、小学校では約8割の子どもがおこづかいをもらっており、年齢による大きな変化はないようです。

 私は普段、大人の方向けの家計相談をやっていますが、それに加えて、中学校・高校でマネー教育を継続的にしています。その関連で「子どもにおこづかいをあげたほうがいいですか?」という質問をよくされます。

 あげたほうがいいのか、あげないほうがいいのか、悩む理由は何でしょうか。

次ページから読める内容

  • 家計管理を自分でするようになってもお金の使い方は急には上手にならない
  • お金は使ったらなくなる、ためたら欲しいものが買える…失敗と成功を体験させて

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る