今の共働き世代は、どんな考え方やライフプランを抱いて、住宅購入や家計管理をしようとしているのでしょうか? ファイナンシャルプランナーの中嶋よしふみ氏が、レッスン・相談に訪れる人たちの等身大の姿をリポートします。

 先日、自分が運営するファイナンシャルプランナーのお店「シェアーズカフェ」に訪れた高橋ご夫妻(仮名)。もうすぐ2歳になるお子さまを連れてのご来店だ。相談内容は住宅購入について。ずっと賃貸派だったご夫婦が急に購入へ転じた理由はどこにあるのだろうか。

■年収:夫婦合わせて1050万円
夫(39歳):750万円 国内大手メーカー子会社・SE
妻(38歳):300万円(時短勤務中・育児休暇から復帰して半年) 大学職員・経理

■資産
現在の貯金額 1500万円
毎年の貯金額 200万円(出産前、奥さまのフルタイム勤務時は300万円ぐらい)

■家庭の状況
結婚5年目。2歳の女の子が1人。もう1人欲しいと考えている。子供は中学か高校から私立に通わせたい

■住居
東京・新宿区にある家賃15万円の賃貸マンション。家賃補助3万円で実質負担は12万円

■購入プラン・相談内容
東京都内で夫婦とも通勤で便利な場所に一戸建ての取得を検討中。予算は6000万円くらい。自己資金と親族の援助で頭金が2000万円、住宅ローンは4000万円以上になる見込み。当初想定していた予算をかなりオーバーしてしまうが、買っても大丈夫か

保育園のために引っ越したが、賃貸物件の質がひどすぎて……

シェアーズカフェ中嶋(以下、中)「今回のご来店は日経DUALの連載を読んでということですが、お申込みのタイミングは『年収2200万円でも、繰り上げ返済で破綻リスク』記事が掲載された頃ですよね」

「最初に読んだのはその記事です。あとは『共働きなら6500万円の一軒家は買えるのか?』と『8000万円の家、買えるけど買わない方が良い理由』も両方読みました。特に6500万円の記事は半年前まで東京・大塚に住んでいたのと、実際に大塚で購入を検討したのですごく環境が似ていました」

「物件の価格とか子どもの年齢とか、あとは世帯年収も案外近かったので、食い入るように読みましたね」

「事前に頂いた情報ですと、もともと家を買う気はなかったということですが、購入に転じた理由はなんでしょうか」

半年前の引っ越しがきっかけです。大塚では保育園に入れられそうになくて新宿区に引っ越したのですけど、今の賃貸住宅の質があまりにひどくて……。こんな家に家賃を月15万円も払うのは馬鹿らしいと思ってすぐに引っ越しを検討したのですが、もう少し良い物件となると結構家賃が上がってしまいます。不動産屋さんに条件を聞いても、このあたりだと最低18万円はかかると言われて、実際探してみてもそれくらいが相場でした」

次ページから読める内容

  • 「定年まで働ける?」「子どもはグレない?」
  • 不安でも家を買いたい――その理由は「ピアノ」
  • 4300万円の住宅ローンなら、毎月の負担は20万円以上

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。