あなたはボーナスの額をパートナーに伝えていますか? 無料家計簿などのネットサービスを提供するマネーフォワードが行った調査によると、「配偶者にボーナスの額を伝えない」と答えた人が男性13%、女性は28%いたそうです。現代の夫婦のお金事情をのぞいてみます。

自分で稼いだお金は自分で使いたい

 マネーフォワードは、2014年夏のボーナスに関する調査を行った(調査期間は2014年5月16日~20日で、調査対象はマネーフォワードユーザーのうち、既婚者で子どもがいる男女2277名)。「今年、ボーナスをもらえる」と答えた72%のうち、「配偶者にその額を伝えない」と答えたのは男性が13%、女性は28%だった。

 「ボーナスの額を配偶者に秘密にしている」と答えた人に理由を聞いたところ、男性の80%、女性の60%が「お金の管理は別々にしているから」と回答している。次いで多かったのは、男性9%、22%の女性が答えた「自分だけで使いたいから」。「日本政府が女性の社会進出を後押ししていることもあり、女性の経済力が高まっています。そのため、自分で稼いだお金は自由に使いたいという欲求が高まっているのでしょう」(ファイナンシャルリサーチ代表、ファイナンシャルプランナーの深野康彦さん)。

次ページから読める内容

  • へそくりの貯め方、女性はコツコツ型
  • へそくり金額、60代は男女で166万円の差が!
  • 使い道に目立つ「家族のため」

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る