こんにちは! パーソナルスタイリストのみなみ佳菜です。ワーキングマザーをキラッと輝かせる簡単オシャレ術をお伝えしています。

 前回まで連続でお届けした「ワーママ足元改善委員会」、ご好評いただき、ありがとうございました! 皆さんのご反応から、子育て中の実用性を求めるワーキングマザーだからこそ「オフィスでのカジュアルはどこまで許される?」という迷いを抱えるのだということが、あらためて実感できました。
 迷いを生む典型的なアイテムは、足元の場合は「レギンス」や「カラータイツ」だと思いますが、トップスの場合はいかがでしょうか? 私がこの時期に気になるアイテムは、ズバリ、「カットソー」です!

カットソーは、会議や商談に向きません!

 綿素材のものが多くて着心地がよいので、何枚も持っていらっしゃる方、多いと思います。「シンプルなデザインだったら、仕事に着ていってもいいよね?!」と何となく“オフィス入り”させたくなりますよね。
 特に近ごろのように午前中から気温が上がる季節になると、「ジャケットなんて羽織ってられない!」とでも言わんばかりに、「カットソー通勤」されている女性を駅前でよく見かけます。

 ●ここで注意ポイント!
 いくらシンプルとはいえ、襟のないトップスアイテムはそれだけだと「カジュアル」な印象が強くなってしまいます。カットソーだけだとフォーマルランクでは一番下になってしまうと心得ましょう。
 クールビズが導入されているとはいえ、大事なクライアントとの商談のときや、重要な決定を任されている会議などの場では、ある程度のフォーマル感は演出したいものですよね。

 そんなときにお薦めなのは…

次ページから読める内容

  • 意外に使える正方形スカーフ、折って首に掛けるだけ

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る