それでは、「ふるさと納税」について、よく受ける質問をご紹介します。

Q.ふるさと納税は自分の出身地だけにできるのですか?

A.出身地にこだわらず、どこにでも行うことができます

 ただし、特産品がもらえるのは居住地以外の自治体としているところが多いようです。また、必ず特産品があるわけではありません。

Q.いくらからできるんですか?

A.寄付なので、最低金額はありません

 ただし、確定申告で「寄付控除」の税金特典を利用するなら、2000円以上の寄付が最低金額になります。

Q.ふるさと納税はたくさんやればやるほどトクですか?

A.所得による限度額が決まっています

 あくまでも税金の還付や減額であり、所得による限度額が決まっています。総務省サイトで簡単な目安がわかるので、参考にしてください。

(参考:総務省 全額控除される寄付額の目安)
(参考:総務省 全額控除される寄付額の目安)

 例えば、夫は年収700万円、妻は500万円で、中学生以下の子どもがいる場合は、それぞれ自分以外に控除の対象となる人がいないため、表では「独身」のところを見ます。表から、夫は5万9000円、妻は3万4000円が最も効率よくふるさと納税の特典を活かすことができる最大の寄付金額ということになります。

 もっと詳しくシミュレーションしたい場合は、源泉徴収票や住民税の納税通知書を準備して確認するサイトもあります。

Q.ふるさと納税ができるのは1カ所だけですか?

A.数カ所に行えます

 また、共働きでそれぞれに納税しているのなら、夫と妻はそれぞれ別々の自治体にできます。宿泊券などの特典を倍増させたい場合は、あえて夫婦で同じ自治体に寄付をするといいですね。

 余談ですが、先日、私は北海道の稚内に程近い豊富に宿泊しました。そして、この原稿を書くために地域の特産品を色々と見ていたら……ありました、豊富のふるさと納税。それも1万円の寄付をすると、温泉宿泊補助券5000円分をくれるものが!

 今になって、行く前に見ておけば良かった…と後悔している私ですが、皆さんは今から賢く&楽しくふるさと納税情報を確認して、夏休みを迎えてくださいね。