こんにちは! パーソナルスタイリストのみなみ佳菜です。ワーキングマザーをキラッと輝かせる簡単オシャレ術をお伝えしています。

 今月、日経DUALで発足された「ワーママ足元改善委員会」。委員長として、足元のオシャレについて熱く語ってまいりました。今回でシリーズ4回目。過去3回も大変大きな反響をいただいています。

●「ワーママ足元改善委員会」特集

(1)「このレギンスの丈は「太く」見えてしまいます!」
(2)「ストッキングとレギンス、職場での履き方にご注意」
(3)「夏に重宝!脚ムレ対策のフットカバー大人の選び方」

 これまではボトムスの選び方、ストッキングやシアータイツなど、足元のフォーマルランク、そして悩みの多いフットカバーについて取り上げましたが、今回は、間違いのないレギンスの選び方やコーディネートのテクニックについてお伝えします! 

レギンスはボトムスや靴の色と合わせるべし!

 使い勝手のいいレギンスですが、オシャレに履きこなすときにはテクニックが必要です。ボトムスや靴とのバランスがポイントです!

★オフィスで浮かないレギンス術1
●できるだけ同系色のボトムスと合わせる

 レギンスはカジュアル寄りのアイテムなので、特にオフィスで落ち着いた印象に見せたい時は、レギンスと同系色(グレー、黒、ネイビーなど)のボトムスと合わせると効果的です。下半身全体の印象がまとまります。できれば、靴も同系色を選びましょう。靴、レギンス、ボトムスと同系色でつなげると、下半身が細く、また、脚長にも見えます。

 ただし、上半身まで落ち着いた色を選ぶと逆に重くなってしまいます。特にこれからのシーズンは、トップスは軽やかな色を持ってくるといいですね。

次ページから読める内容

  • 太く見えてしまうレギンスの色にご注意!

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る