保健師として今も現役で働く義母は、私にこう言いました。

「私も夫婦共働きで3人を育ててきたので、あなたの状況はよくわかる。女性はどうしても妊娠、出産、子育て、介護のために、仕事よりも家庭を優先させなければいけない時がある。1年に20日以上休むなんて、よくある話だよ。

 私は管理職として、意欲ある女性を働き続けさせるために、有休が足りなくなった女性には生理休暇を認めて働き続けさせたの。私はトップには上れなかったけども、中間管理職として後輩が働き続けるのをサポートしてきた。

 だから、あなたも、今は思いきり働けなくても、いつかまた働けるようになれば、後輩に還元すればいい。仕事をするか辞めるかの、白か黒かではなく、今はグレーの状態で仕事を続けることが大事だから

 「仕事も手を抜きたくない!」と業務を最優先してばかりで、自分も子どもも体調を崩してしまったことを悔やみ、落ち込んでいた私を義母の言葉が救ってくれました。

 休み明けに出社して上司に相談し、業務量を減らしてもらいました。一度引き受けた仕事を「できない」と言うのは悔しいです。でも、今はお腹にいる二人目のためにも、これから働き続けるためにも妊娠中のわが身を大切にしなければ、と思っています。

この笑顔に支えられている日々。2人目に会えるのも楽しみ
この笑顔に支えられている日々。2人目に会えるのも楽しみ