今の共働き世代は、どんな考え方やライフプランを抱いて、家を買おうとしているのでしょうか? ファイナンシャルプランナーの中嶋よしふみ氏が、レッスン・相談に訪れる人たちの等身大の姿をリポートします。

 前回の記事(「8000万円の家、買えるけど買わない方が良い理由」)では、東京・神楽坂にある8000万円のマンションを検討している前田さんご夫婦(仮名)を紹介した。以下、前田さんご夫婦の状況をおさらいする。

■年収:夫婦合わせて1370万円
夫(32歳):950万円 4年前に友人と起業した会社で共同経営者として働く
妻(34歳):420万円 大手アパレルメーカーに勤務。新規ブランドの立ち上げから出店交渉まで行う

■家庭の状況
結婚5年目、子ども(4歳)

■資産
現在の貯金額 600万円

■購入プラン
神楽坂で購入したい築4年の中古マンションが見つかった。価格は8000万円だが、買っても大丈夫か相談をしたい

 購入プランを改めて確認すると、貯金は購入時に必要な諸費用でほとんどなくなってしまうため、8000万円のほぼ全額が住宅ローンとなるフラット35で35年ローンを組むと、毎月の返済額は約28万円、管理費等も加えれば30万円を超える(団信保険料も加算した概算)。これは現在の家賃より10万円も高い。一方で昨年の貯金額は約500万円と、毎月10万円、年間で120万円の増額には耐えられそうにも見える。

家を買うのは何のため?

シェアーズカフェ・中嶋(以下、中)「自分のアドバイスとしては、結論から言うとこの物件は買わないほうが良いと思います

「そうですか……。理由は頭金が少ないからですか?」

「それもあります。頭金が無いとフラット35では金利が0.44%も上乗せされてしまいます。この場合、利息は770万円も増えます。それだけではないのですが、だんなさまは会社の売上が減って収入が下がって、最悪ローンが払えない場合、会社を畳んで会社員に戻ればどうにかなる、とお考えの部分もありませんか?

「考えたくはないですけど、本当に払えなくなったらそういうことになってしまうと思います」

「私一人の収入で毎月約30万円の支払いを負担するのは無理です」

「お話を伺った限り手堅い経営をされているとは思いますが、やはり規模の小さい会社の安定度と、大手企業の安定度は違いますよね。売り上げが下がった場合、お二人とも今の生活は維持できなくなります」

次ページから読める内容

  • 「家賃を払うのももったいなくて……」
  • 「もったいない」は損得、「返済の不安」はリスク

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。