子どもにとって、平日は家よりも過ごす時間が長く、“第二の家”である保育園。その間、子どもを見てくれているのは保育士の先生。でも、つい忙しくて、送迎の際に簡単に挨拶するだけの関係に終わらせていないだろうか? 先生達は、働く親にとって子育ての重要なパートナー。子どもの成長を一緒に見守ってくれる存在だからこそ、多少耳が痛くても、建設的な子育てのアドバイスをぜひ聞きたい。経験豊富な3人の先生に集まっていただき、「保育士の本音」を語ってもらった。

座談会・参加者プロフィール
加藤 哲さん(仮名):男性、37歳、私立認可保育園勤務(1歳児クラス担当)、保育士歴17年、3児の父
佐伯 優子さん(仮名):女性、35歳、私立認可保育園勤務(3~5歳児クラス担当)、保育士歴15年
広田 千春さん(仮名):女性、29歳、私立認可保育園勤務(1歳児クラス担当)、保育士歴6年
(文中敬称略)

お迎えに遅れて来る保護者は、短時間でもとても迷惑

DUAL編集部 保育士さんから見た「困った親」とはどんな親でしょう?

佐伯 お迎え時間から数分遅れたり、通常時間ではなく、延長に入ってしまいそうなボーダーラインの時間にぎりぎり飛び込んで来られるのは困りますね。ルールでは延長料金が発生します。でも、こちらも保護者が仕事で頑張っていることは知っていますから、なあなあにしてしまうことがある。でも、ほかの時間を守っている保護者から見たらそれは不公平です。

広田 事前に「少し遅れます」と電話をくれるなら、いいほうです。保護者の方が「遅刻したことを悪い」と思っていることが伝わってきますから。一番良くないのは玄関に到着した時点で安心してしまって、ほかのママ・パパとおしゃべりしてからゆっくり教室に向かうケース。遅れていらしているんですから、教室に直行していただきたいです。

加藤 僕が勤めている園はタイムカードがないので、数分であれば延長料金を“見逃す”こともあります。僕自身、子どもを別の保育園に預けている身ですが、そこではもう1秒でも遅れたら課金されます(笑)。でも、お金を支払うからこそビジネスライクに割り切れることもありますよ。

―― 月曜日にお昼寝用のシーツや園の帽子を忘れてきてしまったり、毎日使うお手拭タオルを持ってこない親はどうですか?

一同 それは全然問題ないですよ!

加藤 人間ですから忘れ物は仕方ありません。僕らだって保育士用のエプロンを忘れる日もあります。子どもの生活に必要な備品は園にストックがあるので、ちゃんと返していただければ問題ありません。園児の親に対する支援は、保育士の大事な仕事でもあるんです。正直言うと、保護者に対してものすごく改善してほしいことなんてないんですよ。働きながら育児を頑張っていることは十分分かっているので。

次ページから読める内容

  • お迎え前のお買い物は基本・禁止。レジ袋は隠すのがマナー
  • 困るのは、“しつけ放棄”と“怒れない親”
  • 親に渡した時点で、子どもの安全確保は親の責任になる
  • 「やり甲斐ある仕事を模索して」「根っからの子ども好きで」…、保育士になった
  • 保育園で先生より長時間過ごしている子どもが気になります

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。