こんにちは。武蔵野大学講師の舞田敏彦です。今回は、教育費に関するお話です。子どもができたら必ずついて回るのが教育費の悩みですが、わが子を大学まで出すのにどれくらいかかるのでしょう。この点については各種の調査がなされていますが、ここでは信頼度の高い官庁統計から割り出してみようと思います。

 用いるのは、2012年度の文部科学省『子どもの学習費調査』です。同年度間に一人の子どもに費やした教育費の平均額が、学年別に掲載されています。授業料や学用品費などの学校教育費、給食費のほか、通塾やお稽古などの学校外教育費も含む「広義」の教育費です。

 大学生の分は文科省資料に載っていませんので、日本学生支援機構の調査データを拾ってきました。大学学部の年間平均学費(授業料、修学費、課外活動費、通学費など)です。こちらは学年別になっていませんので、1~4年生とも、全学年の平均額を適用します。各学年の教育費(学費)の平均額を整理すると、表1のようになります。

*大学の公立欄は,国立大学の年間平均額費です。

資料:文科省『子どもの学習費調査』(2012年度)				

資料:日本学生支援機構『学生生活調査』(2012年度)
*大学の公立欄は,国立大学の年間平均額費です。 資料:文科省『子どもの学習費調査』(2012年度) 資料:日本学生支援機構『学生生活調査』(2012年度)

 幼稚園から大学までを総計すると、オール公立(大学は国立)では769万円、オール私立では2205万円となります。後者はスゴイですねえ。右側の累積欄をみると、小学校6年生の段階にして1000万円を超え、高卒時に1677万円、ゴールの大卒時に総額2205万円となる次第です。

 まあ、多くの子どもが辿る標準コースは、幼稚園が私立、小学校から高校が公立、大学が私立、というところでしょう。この標準コースの教育費総額を出すと、1108万円となります。この中には、大学生の子への仕送り金などが含まれませんので、実際にはもう少し高くなると思われますが、公的なデータから試算するとこのような額になります。

 いかがでしょう。巷の「一人の子を育て上げるのに数千万円」というフレーズは明らかにオーバーですが、少な目に見積もった標準額でみて1000万円を超えることに、私としては驚きを禁じえません。少子化をもたらす元凶は教育費だといわれますが、さもありなんです。

次ページから読める内容

  • 私→公→公→公→私「標準コース」の教育費、総額の半分は大学の学費
  • 私費依存型の高等教育は限界に

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。