“激安”980円で新規参入したDeNA「アプリゼミ」

 「アプリゼミ」はケータイゲームなどを手がけるインターネットサービス大手のディー・エヌ・エー(DeNA)が今年4月から開始したサービスです。現在は、小学1年生向けの1コースのみですが、来年以降から順次、小学6年生までサービスを拡大していく予定です。

 料金は月額980円から(税込、今年6月までは無料)と、ベネッセやジャストシステムよりかなり安く設定しています。教材はNHKエデュケーショナルが企画監修して、国語、算数、英語の3教科を用意。学習内容は、小学校の学習指導要領に基づいて作成されています。

 アプリゼミは専用端末を使う他のサービスと異なり、iPad、Androidタブレット、スマホに学習アプリをダウンロードして利用します。保護者用の画面で学習状況が確認でき、登録すれば学習終了時にメールでお知らせを受け取れるようになります。

「アプリゼミ」の特徴
・専用端末ではなくアプリを使ってサービス提供
・市販の端末を使用できるため、料金が安い
・ゲーム開発のノウハウを活かして、楽しみながら学べる仕組みを用意
・勉強すると「星」がたまり、「いきものデータ」を集めることができる
・学習結果を親にメールで通知する機能がある

紙の2倍のスピードで問題が解ける


DeNAエンターテインメント事業本部企画推進部アプリゼミ総合プロデューサーの床鍋佳枝さん

――アプリゼミの特徴を教えてください。

床鍋佳枝氏(以下、床鍋) 1つ目は「エデュテインメント」、楽しく進んで学べるということです。学習の中にゲーム開発などで培った技術を加味しているのです。

 2つ目がタブレット専用に教材を作っているということです。教材は、NHKエデュケーショナル監修の元、筑波大学附属小学校他の現役の先生方に、タブレット端末用に書き下ろしてもらっています。紙の教材をそのままタブレットに移したのではありません。