<質問>

 3歳の男の子です。仕事をしているため、家に帰ってからも、食事の支度や家事に追われ、ゆっくりと子どもの話しを聞いてあげられません。

 子どもがストレスを感じるのでは、と不安になることがあります。

<答え>

 仕事に子育てに忙しくしていると、確かに子どもの「話したい」というサインを受け取れずにいることもあると思います。しかし、子どもよりもむしろ、保護者のみなさんの方がそのことに胸を痛めているのではないかと思います。

 そんなとき、マメに子どもと向き合うことができなくても、子どもが特にリラックスする時間を活用するとよいと思います。

 子どもがリラックスするのは、以下の3つの時間帯です。

 1.お風呂の時間 2.食事の時間 3.寝る前の時間

 この時間を有効に使うことで、親子の絆はしっかり結ばれるので安心してください。

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。