<質問>

 3歳の男の子です。仕事をしているため、家に帰ってからも、食事の支度や家事に追われ、ゆっくりと子どもの話しを聞いてあげられません。

 子どもがストレスを感じるのでは、と不安になることがあります。

<答え>

 仕事に子育てに忙しくしていると、確かに子どもの「話したい」というサインを受け取れずにいることもあると思います。しかし、子どもよりもむしろ、保護者のみなさんの方がそのことに胸を痛めているのではないかと思います。

 そんなとき、マメに子どもと向き合うことができなくても、子どもが特にリラックスする時間を活用するとよいと思います。

 子どもがリラックスするのは、以下の3つの時間帯です。

 1.お風呂の時間 2.食事の時間 3.寝る前の時間

 この時間を有効に使うことで、親子の絆はしっかり結ばれるので安心してください。

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る