教育施設だけでなくコミュニティ一体となって、芸術を通した幼児教育をするメソッドで世界的に有名なイタリアのレッジョ・エミリア・アプローチ。その教育方針と日本の良さを融合させた保育を行う認可保育園がある。幼児から創作活動を行う“プロジェクト”を通して対話力を養う、その噂の園を訪問した。

芸術教育を重視したレッジョ・エミリア方式を導入

 園内に入った瞬間、その独創的な建物デザインに驚く。ぐるりと円形に教室が配置された中心のホールが3階までの吹き抜けになっており、そこをなだらかな螺旋のスロープが続く。階段ではなく、このスロープを通って子どもたちは園内を行き来する。存在感のあるスロープだが圧迫感というより、歓迎されているような気分になるから不思議だ。薄い桃色や緑色が使われている建物全体の優しい色合いが、気持ちを穏やかにさせてくれる。

建物の中心の吹き抜けには淡いグリーンのスロープ。3階までの部屋をすべてつないでいる
建物の中心の吹き抜けには淡いグリーンのスロープ。3階までの部屋をすべてつないでいる

 「スロープを通じて、すべての部屋がつながっているんです。子どもたちが自由に自分の行きたい場所に行け、様々な年齢の子ども同士がつながっている場所。子どもたちはこのスロープが大好きで、靴下ですす~っと滑り降りてくる子もいます(笑)。『このスロープとホールのスペースを教室にすれば、もっと人数を入れられたのに』と言われる方もいらっしゃいますが、子どもを詰め込んでいては意味がないのです。子どもたちがのびのびと過ごせる場所であってほしいと思っています」

 東京・新宿区にある「オルト保育園」。オルトとはイタリア語で“菜園”の意味。

新宿区の認可保育園だが、以前同じ場所にあった区立保育園の老朽化に伴い新園の開設と運営を譲り受けた社会福祉法人新栄会が委託されて行っている民営認可園。開園当初から園長を務め、昨年から特任研究員として保育園の運営に携わっている戸塚陽子さんと主任保育士の山田寿江さんが案内してくれた。

次ページから読める内容

  • イタリアと日本の保育、それぞれの良さを生かして
  • 廃材からアートが生まれる子どものアトリエ
  • 子どもたちの目が輝く教育を全国に広げたい

続きは、日経DUAL登録会員
もしくは有料会員の方がご覧いただけます

会員限定記事(2437本)が読める
ログインはこちら
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。
もっと見る