飯田 「『あなたは100%お義母さんのコピーなの?!』とも言ってしまい、夫は『侮辱だ!』ともちろん激怒ですよ(笑)。妻に自分の母のことを言われることが男の人って許せないんですよね。すると、夫もたまに来ていた私の母と私の様子を『君達はベタベタしていて他人が入り込めない関係が、気持ち悪いんだ!』と言い出して…。もう大げんか

——お二人とも言えないことがたまってたんでしょうね〜。もう徹底的に夫婦で言い合ったんですね。

飯田 「最初のころは、義母が来ると夫は早く帰ってきたり、『うちの味だ』と喜んで手作りの夕食を食べたり、あからさまに喜んでいて、嫁としては複雑な気分だったんですよね。なんだか『ぼくちん』に戻っていく夫を見るのが…。しかも、私がたまに料理すると義母が『あら、珍しい〜! ほら、ママの手料理よ!』って孫に言うのでイラッとくることもあって。私もストレス絶頂でしたが、義母も家事より仕事に重心が移ってきている私に不満があったんだと思います。いま振り返れば、あのとき徹底的にお互いの不満を吐き出して、話し合う時間が必要だったんだと思います」

川上 「結果的に、いい方向に向かったんですか?」

飯田 「それ以来、義母には週3日程度に滞在を減らしてもらうと同時に、私の母にも来る頻度を減らしてもらい、ファミリーサポートなどのアウトソーシングを週2日お願いするようにしました。他人のほうが気楽なこと、家族だから頼みやすいこと、など少し分けたことで夫婦の関係も少し良くなりました。夫もどちらの母が来ても同じくらいの帰宅時間にするように気を付けているようです(笑)」


妻×夫×実母・義母 三角関係の修羅場は目をつぶって走り抜けたい

——それでも、実母より義母のほうが頼みやすいんですか?

飯田 「私の場合はそうですね。実母は、孫への愛情が強過ぎて、大量の夕飯を一度に作っちゃったり、わわわーっと子どもに一気に近寄り過ぎちゃったりするんですよ。一度の夕飯にパスタとハンバーグとチャーハンと唐揚げ…みたいな」

一同 「ごちそうだ!」(爆笑)

飯田 「そういう実母の育児を夫はよく思っていない。その関係を見るのがつらいんです。義母は、栄養バランスの取れた料理をきちんと作って、子どもの宿題なども見てくれる。週に5日はさすがに私が耐えられないけど(笑)、実母と夫がバトルになるより、私が我慢する方がずっといいですね