みなさんこんにちは。家庭教師の西村則康です。今回は、前回の親子の会話「『今日学校どうだった』『楽しかった』はNG」に引き続き、その応用編として「やる気を高める親子の会話術」についてお話ししたいと思います。

 子どもと会話をする時に、

 「~しなさい」

 「~をすべきですよ」

という言葉を頻繁に使っていませんか。これは、子どもの義務感に訴える言い方ですね。

 この言葉を聞いて子どもはどのように感じるでしょうか。真っ先に受取るのは、その言葉に付随する雰囲気です。言外に「君は劣っているから~すべきた」という文脈で捉えてしまうのです。

それから、「苦痛に耐えなくてはならない」という近未来の苦痛を感じ取ります。

 たとえば、

 「そんなに乱雑な字を書いていたら、ミスが増えてテストの成績が下がってしまうよ。ちゃんと綺麗な字を書きなさい。」

と親が子どもに伝えたとしますね。

 この会話は、親が頭の中で考える順序通りに言葉を口にしたもので、親が「子どものミスを減らしてあげたい」と切に考えるのも当然のことでしょう。しかし、子どもにとっては、その言葉に付随している「君は劣っているよ」という文脈を感じ、苦痛に耐えるという雰囲気を受ける会話であり、やる気をなくしてしまうのです。

 それであれば、子どものやる気を高める言い方を工夫してはどうでしょうか。

「AでないことをやっているとBでない状態になってしまうよ」

という言い方ではなくて、

「Aをやっていると、Bのようないいことがあるよ」

と変えましょう。

 前出の例で言いますと、

「丁寧な文字を書くと、ミスが減って、成績が簡単にあがるよ」

と言い換えます。

「近未来の良いことを感じさせる」のがやる気を高める話しかけ方

 このように近未来の苦痛を感じさせるのではなくて、近未来の良いことを感じさせる。これが、親から子どもへ、義務に訴えかけない、やる気を高める話しかけ方です。さらに申し上げると、親から子どもへの会話というのは「~しなさい」だけならまだ良いのですが、ついつい前後にいろいろな言葉が付け加わり「だから、あなたは~なんですよ」と否定的な言い方になりがちです。

 これでは、子どもは「あなたは能力がないんですよ」と親に言い続けられているのと同じことです。

 よく考えてみれば、「~すればこんな良いことがあるのよ」という言葉は、「今のあなたに~はないですよ」と言っているのと同意だということがわかりますね。しかし、子どもの捉え方は真逆なのです。

 「~すればこんな良いことがあるのよ」という言葉からは、嫌な感情どころか、親からの信頼感や希望を感じることができます。

近未来の苦痛を感じずに、近未来に起こる良いことを感じることができるのです。

 それから、もう1つ重要なことがあります。それは、子どもに限らず大人でも、ほんのちょっと頑張れば何とかできそうと思うことに対して、人は努力をしやすいということです。

次ページから読める内容

  • 子どもに質問する時は子どもが具体的に答えられるような質問を投げかける
  • 国語の読解力を伸ばす親子の会話

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。