ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。「子どもには最上の教育を受けさせたい」。親ならそう思うのも当然です。我が家も産まれる前から英語を習わせようか、進学はどうしようかと夫婦で検討しています。しかし、問題はお金です。通わせる学校がオール私立だと教育費に2500万円程度かかることをご存知でしょうか。

私立は公立の3.4倍お金がかかる

 文部科学省の「子どもの学習費調査」(平成24年度)によると、幼稚園(3歳)から高校3年生までの15年間をすべて私立に進学した場合の教育費は約1677万円となり、すべて公立に進学した場合(約500万円)の約3.4倍になります(学校外活動費も含む)。保育事情によってはもう少しお金が必要になることもあるでしょう。

 大学の入学、在学費用に関しては、日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)」(平成25年度)によると、国公立大学の場合で合計約519万円、私立大学文系の場合で約691万円、私立大学理系の場合で約812万円が平均的にかかっていることが分かります。

 例えば、幼稚園から高校までの15年間はオール私立で大学は私立理系の場合、19年間で2500万円程度の教育費が必要ということになります。1年当たりに換算すると、1人130万円程度の教育費を捻出する必要があるのです。子どもの人数が増えると、かかるお金も2倍、3倍に膨らみます。

子ども2人で年間300万円が飛ぶ

 私立大学に通わせるとどのくらい家計が大変になるのでしょうか。例えば、年収の手取りが700万円の世帯の場合、子ども2人を私立大学に進学させると、年間300万円程度の教育費(ゆとりをもたせた金額で計算)が継続してかかるので、差し引くと年400万円、つまり1カ月約33万円で生活費や貯金をすべてまかなわなければなりません

次ページから読める内容

  • 1人当たり約200万円もらえる児童手当
  • 教育費への危機感が、仕事のモチベーションになる
  • 教育費への危機感が新たなモチベーションになる

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。