家族の写真をデスクに飾る イクボスになりたい上司にキャラ変のススメ

イクボスの条件その10… 隗より始めよ

 事を始めるには、自分から始めること。ボス自ら、ワークライフバランスを重視し、人生を楽しんでいることが絶対条件です。

 仕事に没頭してそれだけで必死な上司が、「お前達、人生楽しめよ。家族を大切にしろよ」なんて言葉を振りまいても、説得力ありませんから。何だか悲壮感まで漂ってきます。

 「今までそんなキャラじゃなかったしなぁ」という人は、デスクに家族や趣味の写真を置くことから始めましょう。パソコンのスクリーンセーバーに設定してもいいですね。「部長のお子さんですか?」「おぉ、先月、高校の卒業式に出席したときの写真な」「この正門は○○高校じゃないですか? 僕の出身校ですよ」…といった会話のきっかけになりますから。

 「いやいや、仕事が膨大で毎日深夜残業。ライフ重視なんてとんでもないよ」なんて眉間にシワを寄せているあなた。本当に、そうですか?

 この間来日したポール・マッカートニーのライブも、ローリング・ストーンズのライブも、平日の夕方、客席は仕事を急いで片付けて駆け付けてきたふうのオヤジでいっぱいでしたよ!

 「やればできるじゃん!」ですよ。きっと夕方5時に会社を飛び出すために、その日は朝からフルスロットルでがんばったんでしょう? 

 そうそう、その「朝からフルスロットル生活」こそが、子育て中の社員の毎日なわけですよ。ボス自身の働き方のデフォルトになれば、チーム全体も変わっていきます。がんばってください!

 以上、イクボスの条件となるキーワードについてお伝えしてきました。いかがでしたか? この条件はまだまだブラッシュアップ中なので、「こんな条件もあると思う」といったご意見も大歓迎です。みんなでイクボスが育つ環境づくりを盛り上げていきましょう。

 次回は、「シングル社員VS子育て社員の“壁”のイクボス的解決法」についてお話しします。 また、こちらでお会いしましょう。