【ベビーシッター企業と個人シッター】

 一方で、彼らベビーシッター企業とは別に、個人シッターという人達がいます。どこにも所属しないで、ベビーシッターを名乗って個人事業を行う人達です。一般的にベビーシッター企業に依頼するよりも、安く発注できます。(1000円~1500円/時 程度)

 一般的にある程度の規模のベビーシッター企業は、シッターを採用する際に、募集・選別、そして研修にコストをかけますが、個人シッターにその必要はないため、その分安価な受注が可能になります。一方、質の面では、優れた保育者もいますが、全くの素人もいて玉石混交です。

 価格に重きを置かざるを得ない事情を持つ人々が、シッターサービスを必要とする時に、こうした個人シッター等に流れていってしまう、という状況は現実に存在します。

【マッチングサイトの役割】

 さて、今回の事件の発端となった、「シッターズネット」を始めとする「ベビーシッターマッチングサイト」は、主にこうした個人シッター(や広報力の弱い小規模なベビーシッター企業)と利用希望者を結びつけるサービスです。

 個人シッターや小規模企業はマーケティング力が弱いため、マッチングサイトに登録するのはメリットがあります。一方利用者は、通常のベビーシッター企業よりも低価格で発注できる相手を、素早く見つけられるメリットがあります。

 マッチングサイト側は基本的には品質管理等を一切行わず、個人シッター等から登録料やマッチングフィー等を取るモデルになっています。

 この「品質管理をしないでマッチングのみを行う」サイトを利用した(せざるを得なかった)ということが、今回の事件を生み出した要因の一つだと思います。

【脆弱なショートステイインフラ】

 更に今回の親御さんの状況を見ると、最も公的保育の弱い部分において、ニーズを抱えていたと思います。ひとり親だった彼女は、おそらくは仕事の関係で宿泊を伴った預かりを希望していました。そうした場合、「ショートステイ」というサービスが必要になります。

 現在、こうした「ショートステイ」は自治体の運営する子ども家庭支援センターなどで行われていますが、必ずしも使い勝手が良いものではありません。