育休を終え、職場復帰しても以前と同じようには働けません。時短勤務や定時退社で働く場合、以前とは違った周囲との連係が求められます。どんな点に注意すればいいか。そのポイントを紹介します。

働く時間が限られることは、実はメリットにもなる

 職場復帰したその日から、“時間との戦い”が始まります。これまで退社時間を考えずに比較的のびのびと仕事をしてきた人でも、子どもを保育園に迎えに行くためには会社を早く出なくてはなりません。時短勤務や定時退社を予定している人は、その時間までに仕事を終わらせる必要があります。限られた時間内に効率よく、質の高い仕事をするために重要なのが、〝タイムマネジメント″です。

 働く時間が限られると、非常に慌ただしくなります。最初は、時間を気にせず働ける人と比べてゆとりがなくなり、デメリットのように感じるかもしれません。

 ところが、実はメリットにもなるのです。時間がないのでおのずと効率を重視し、集中してやり遂げるようになるはず。逆に時間がたっぷりあり過ぎると、時間を目いっぱい使って同じ仕事量しかできないこともあるからです。職場復帰してからのほうが、出産前より多くの仕事量をこなせるようになった、という人も少なくありません。

 では、どうやって効率よく仕事を進めればよいのか、具体的にお話ししましょう。

前倒し、余裕のスケジュール、可視化…時間管理の3つのポイント

 職場にいる時間に、何を、どれだけアウトプットできるかを考えましょう。スキマ時間も見逃さず、仕事を着々と進めていくのがタイムマネジメント上手なワーママです。タイムマネジメントで意識してほしいのは以下の3つのポイント。

【タイムマネジメントで押さえるべき3つのこと】
1)締め切りを確認したうえで、前倒しにして仕事を早く終わらせよう
2)突発的な事態に備え、ぎりぎりにTo doを決めず、余裕のあるスケジュールで
3)仕事の進捗状況や資料の場所は、誰にでも分かるように可視化しておこう

 どの仕事が一番急ぎなのか、上司や同僚に必ず確認をして把握するようにしましょう。そのうえでやるべきことの優先順位を付けます。また、誰かと一緒に作業をする必要はあるか、上司の確認がどのタイミングで必要かなどを逆算して、大まかな予定を組みます。

 企画の方向性が変わったり、途中で修正が入ったりといったイレギュラーな事態にも備え、予定は余裕を持って組んだほうがよいでしょう。また、仕事の進捗状況や資料の場所などは、職場の他の人が見ても分かるようにしておくと、いざというときに役立ちます。

具体的な方法は次ページで紹介します。

次ページから読める内容

  • 子どもの急な熱! 仕事の見える化でスムーズに引き継ぎ
  • メール送ってすぐ退社、帰る間際の資料提出はNG!

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。