最近人気の「スクラップブッキング」。写真を切り貼りし、かわいくデコレーションすることで、手作りの“特別感”を演出できる。そもそも家族写真を整理する目的は、後から見返して楽しむことだと考えると、スクラップブックはまさに好適。写真を時系列でアルバムに差し込んでいく方法とは違った新しい整理術になりそうだ。そこでスクラップブッキングのグッズを次々手掛けている文具・雑貨メーカー、マークスさんに、忙しい共働きの家庭でもできるスクラップブッキングのコツを聞いてみた。前回(「忙しくても意外にできる、人気のスクラップブック」)は、心構えとして「1つの見開きを作ることから始めよう」というコツを、準備として「写真はテーマごとに選ぶ」というコツを教わった。ここからは、実際に写真を貼り付け、スクラップブッキングの作業をしていこう。

 作業に取り掛かる前に、準備するものを簡単にまとめてみる。

 前回はスクラップブックと写真を用意した。この後のデコレーションに使うのは、まずマスキングテープとカラフルな色や模様のペーパー。その他、シールやタグ、ステッカーなどの貼り付ける飾りやスタンプなどもあれば華やかにできる。また道具としてはさみやカッター、のり、定規なども使う。

 前回の記事【忙しくても意外にできる、人気のスクラップブック】はこちらから

 では、実際に見ていこう。

ペーパーでデザインの“ベース”を作る

 それでは1ページ目に取り掛かろう。まず、メインの写真を1つ決め、“ベースになる”ペーパーを選ぶ。

 「ペーパーはページのデザインに統一感を出せる重要なアイテムです。写真をただ貼るのではなく、ペーパーやマスキングテープと合わせるのがスクラップブッキングの醍醐味。今回はペーパーのセットを使いましょう」(マークスの米田さん)。

使ったのは「ペーパーキットFOR KIDS MEMORIES」600円(税抜)。10柄のペーパーにタグやステッカーも入っている
使ったのは「ペーパーキットFOR KIDS MEMORIES」600円(税抜)。10柄のペーパーにタグやステッカーも入っている

 「ペーパー選びに困って何にも決められないという人はどうしたらいいですか?」(編集・長野)

 「もう単純に自分の好きな色でOKです。子どもの好きな色でもいい。貼ってみると案外まとまるものです。色数の少ないペーパーもまとまりますよ」(米田さん)。

 そこで今回は目を引くカラフルなしま模様のペーパーと、黄色のマスキングテープをチョイス。

 ちなみに、今回参考にした『ママ&パパのためのスクラップホリックの本-子どもの写真をかわいく残す25の方法-』には、巻末にペーパーが付いている。タグやイラスト素材もあるので、本を持っている人はこちらを利用するのも手だ。

『ママ&パパのためのスクラップホリックの本』の巻末にはスクラップブック用のペーパーがついている。ミシン目が付いているので切り取ってすぐ使える。カラーコピーすれば使いまわすこともできる
『ママ&パパのためのスクラップホリックの本』の巻末にはスクラップブック用のペーパーがついている。ミシン目が付いているので切り取ってすぐ使える。カラーコピーすれば使いまわすこともできる

次ページから読める内容

  • オーソドックスなのは真ん中に配置する方法
  • マスキングテープで“額縁風”に縁取る
  • シールやタグを貼り付けて立体感をプラス
  • スタンプを押すときはインクの付け方に注意
  • 左右のページで何らかの統一感を出そう
  • 四角いままの写真がつまらないと感じたら
  • 手書きの文字に自信がない人のためのテクニックいろいろ
  • 「子どもと一緒に作るのもよさそう」
  • 【おまけ】わが家でも作ってみました(編集部・長野)

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。