職場によっては、4月1日復帰が最適というわけではない

 保育園の入園時期に合わせて4月に復帰にする人は多いですが、4月1日復帰にこだわりすぎなくてもよいでしょう。

 職場復帰の時期は、本来、保育園入園事情と会社の仕事の繁忙期と本人の能力の必要度、周囲への迷惑がかからない時期などをトータルで検討して決めることが望ましいもの。

 4月が異動などで職場が忙しい時期であれば、ひと段落した4月中旬にしたり、子育てのサポート体制を整える慣らし保育期間を考えて、5月を選んだりする人もいます。都市部の多くの自治体では、認可保育園の場合、入園月の翌月初日までの復職を保育園入園の条件としているところがあります(4月1日入園なら、翌月5月1日に復職していることが条件)。

 例えば、3~4月が繁忙期となる人事部門の場合、5月に復帰するよりも、2~3月に復帰してもらうほうが、職場の人は助かるかもしれません。ただ、4月の保育園入園より前倒しで職場復帰する場合は、認可外や保育ママ、両親など子どもの預け先を確保しておくことが必要です。

 また、子どもを保育園に預け始めの時期は、午前中に1~2時間預け、徐々に慣らしていく「慣らし保育」があります。慣らし保育の始めは、お昼にお迎えに行かなくてはなりません。

 復帰直後は仕事に慣れるのにも時間がかかります。復帰後数カ月は、病気の呼び出しも多く、早退することも多々あります。また職場には、ほかの育休明け復帰する人がいるかもしれません。復帰時期に関しては、復帰予定の1カ月前までに上司に相談した方がよいでしょう。

 とはいえ、保育園入園に関しては4月が最大のチャンス。このチャンスを逃さないよう、復職のタイミングを決めましょう。自治体によって、入園と復職タイミングの条件が異なる場合もあるので、上司への相談の前に必ず確認しておきましょう。

次ページから読める内容

  • 働き方の相談は「報告」と「希望やお願い」を混ぜない
  • “浦島太郎状態”にならないよう、情報を入手しておく

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る