その日に限って、いつもは時間より早く到着するベビーシッターさんが来ませんでした。休日なので、シッター会社のオフィスは休みで電話には誰も出ません。10分待ったところで、シッター会社に「子どもは連れて出かけます」とメールを書き、おむつを5枚入れた袋とパンをつかみ、2歳の娘に「車に乗るよ~」と声を掛け、上着を着せて慌てて家を出ました。

男女で賃金に差が出るのは、まともに考えると「非常識」だ

 タクシーで到着したのは明治大学の駿河台キャンパス。前から「絶対に行きたい」と思っていたシンポジウムが開かれている会場でした。中国電力の男女賃金差別訴訟について、原告と原告側弁護士、そして統計の専門家が話すというもの。男女で賃金に差があるという、「もしかしたら、日本の企業社会では当たり前と思われているかもしれない。でも、まともに考えると非常識なこと」について、当事者と支援者が報告する会でした。

 原告の長迫忍さん(写真)は、1981年に高校卒業後に中国電力に入社。以来、同社で働き続けてきました。女性には、男性の補助的な仕事が割り当てられる職場環境でしたが、長迫さんは自ら申し出て、男性の仕事と考えられていた業務も担当しました。そして、病気で休みがちな主任をサポートし、後輩育成に携わってきました。ところが、長迫さんが育成した男性は昇格・昇進していくのに、長迫さん自身はずっと平社員のままでした。

シンポジウムで講演する長迫忍さん<span style=(写真提供:WWN)">
シンポジウムで講演する長迫忍さん(写真提供:WWN

 そこで勤続27年が過ぎた2008年5月、長迫さんは男女賃金差別を理由に、会社に対して職能等級と職位の確認と損害賠償を求めて、広島地方裁判所に提訴しました。けれども広島地裁は、2011年3月に請求棄却の判決を言い渡し、長迫さんは広島高等裁判所に控訴しました。この控訴審では、会社から2001~2011年の賃金データが提出されており、それを見れば同じ学歴の同期入社の社員を比較した場合でも、男女の賃金格差は明らかでした。

性差別賃金を最高裁判所に上告

 2013年7月に広島高裁は長迫さんの控訴を全面的に退けます。男女で昇格や賃金に格差があると認めながら、これを男女差別ではないと判断したのです。長迫さんは同年9月に最高裁判所に上告しました。

次ページから読める内容

  • 女性を理由に来客接待や家事的な労働を分担させられた
  • 専門家による統計分析で、主張の科学的根拠を立証
  • 男女平等なら、賃金上位を男性が占めることは1兆回に2回も起こらない
  • 住友電工でも裁判 国連委員から応援されつつ、大阪地裁で全面敗訴
  • 30代の人達へ「社会の問題を、他人ごとではなく“自分ごと”に」
  • 長迫さんが会社を提訴した後、主任や管理職に登用される女性が増えた
  • 「友よ、僕は偉くなる道よりも、自分が正しいと思うことを言う道を選ぶ」

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。