「1000万円以上予算をオーバーしていますね……」

 先日、私が運営するファイナンシャルプランナーの事務所「シェアーズカフェ」に、住宅購入の相談で共働きのご夫婦が来店された。その様子を、記事内で再現してみよう。

 佐々木さんご夫婦(仮名)の状況は以下の通りだ。

■ 収入:夫婦あわせて年770万円
夫(30歳)390万円 ドラッグストア勤務・都内店舗の店長
妻(35歳)380万円 飲食業・本社勤務(時短勤務中)
*税金・社会保険料を差し引いた手取り額で計算

■家庭状況
結婚から4年目、子ども1歳6ヶ月

■資産
現在の貯金額 1150万円
外貨預金や株、投資信託など 100万円

■購入プラン
購入予定の物件 6500万円(一軒家)
頭金 貯金から500万円程度
ご両親からの援助 500万円〜1000万円程度
借入予定 固定金利(フラット35)で5000万円〜5500万円

山手線の駅近で購入を検討するものの……

 現在奥さまは時短勤務中、2人目のお子様を生むかどうかはまだ迷っている段階だという。時短勤務から復帰すれば手取りで500万円程度にはなるはずとのことだが、2人目の子どもが生まれれば再び産休、育児休暇、時短勤務という流れになる可能性もある。

 東京・豊島区の大塚で一軒家の購入を検討している。JR大塚駅の付近、つまり山手線の駅に歩いて行ける距離だ。価格も安くない。頭金として、自己資金500万円に加えてご両親から500万円ほどの援助を受けられるようだが、それにしても諸経費込みで6500万円という価格は高すぎる

次ページから読める内容

  • 毎月の返済額を聞いて、2人ともひるむ
  • 2人目も欲しいし、私立にも通わせたいし……

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る