そんなアンナ先生ですが、実は情に厚く、両親の不仲に悩む倉本がお母さん(池脇千鶴)の誕生日に「何かプレゼントしたい」と思っていると知ったとき、相談に乗り、純一たちにも協力するよう提案します。

子どもたちが困っていたら全力で守ろうとするアンナ先生。
子どもたちが困っていたら全力で守ろうとするアンナ先生。

 6人組は頭を悩ませ、必死にプレゼントについて考え抜き、ついにバンドを組んで“音楽”をプレゼントすることを思いつきます。ところが、さまざまなトラブルが純一たちの前に立ちはだかり……。果たして、6人組は倉本のお母さんにプレゼントを届けることができるのでしょうか? そして、純一は強くなって、前田さんに消しゴムを返せるのでしょうか!?

(C)2012 Nice Rainbow/Ishii Katsuhito PHOTO:SHINGO WAKAGI
(C)2012 Nice Rainbow/Ishii Katsuhito PHOTO:SHINGO WAKAGI

 弱気でおどおどしながらも、友達思いで真面目な純一がとてもかわいらしく、元気に見えても、それぞれ悩みを抱えている6人組を見ていると、思わず子どもの頃に戻った気持ちになります。

 笑いあり、涙ありの本作は、「こんな子いる(いた)よね」「こんなことあるよなぁ(あったなぁ)」と親子で一緒に楽しめるハッピーなラブコメディーです。

 ぜひ、キャラクターの誰かに自分を当てはめたり、子どもがどんな表情で本作を見るか横目でちらっと確認(笑)しながら、自分も子ども時代にタイムスリップしてみてください!