「サイバーエージェントにママ事業部ができたんだって! 会ってみない?」と友人から紹介してもらったのが蒼山桜子さん。2013年度入社の新卒社員でありながら既にママ……という珍しい経歴を持つ彼女は、インタビュー後に事業部の「ベストプロジェクト賞」「グットスタート賞(新人賞)」などを受賞。若さとパワーに加え、ブレない価値観を持つ彼女の口からは独自の言葉がたくさん飛び出してきました。

インタビューを動画でご覧いただけます

内定後に妊娠判明、会社に直訴

藤村 新入社員時からママ、というのは珍しいですよね。

蒼山さん(以下、敬称略) サイバーエージェント内定後、妊娠が分かったんです。本当に入社したい会社だったので、「1年遅れて入社したいのですが」とお願いしてみました。そうしたら、「働き方は人それぞれ。蒼山さんにとってベストな働き方をしてください」と言っていただいて……。「何て理解がある会社なんだ」と感動しました(笑)。

 2011年9月に大学を卒業し、10月に出産。サイバーエージェントの「内定者アルバイト」(希望者を対象にした、内定者向け研修。営業の仕事をする)を2012年9月から始めました。当時は都内在住。子どもを保育園に預け、個人契約のベビーシッターさんも手配して入社に臨みました。

―― 復帰しにくい雰囲気はありませんでしたか?

蒼山 新卒入社前の妊娠・出産はさすがに私が第1号。でも、ママにとても優しい会社でした。サイバーエージェントではママ社員を「サイ・ママ」と呼んでいて、社内イントラにサイママとサイパパのための情報交換サイトまであるんです。社員の平均年齢が29歳、育休復帰率が86%。20代のママも少なくありません。

社内イントラの情報交換サイト「サイ・パパ サイ・ママ」
社内イントラの情報交換サイト「サイ・パパ サイ・ママ」

次ページから読める内容

  • 実家近くに引っ越し、片道1時間半の通勤を開始
  • 夫はやり方が分からないだけ。コツさえ分かればやってくれるはず
  • 子どもはママだけではなく家族みんなで育てるもの
  • 大切なのは「自分から周りに情報を発信すること」

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る