牛乳1カップにレモン汁を大さじ1(絞るときは、1/2個分。市販のレモン汁でOK)加えてよく混ぜ、好みの量のはちみつで甘みをつけます。少し固まってヨーグルトみたいな味に。

 息子が3才のときに初めて飲ませたら、おいしそうに「いーでちゅ!」って言って(笑)。それからはわが家では、このドリンクは「いーでちゅ」という名前で定着しています。みなさんの家庭でもそんな不思議な名前がついたメニュー、ありませんか?

 さて、ポイントのおさらいです。

<小食な子どももささっと食べられる朝食メニューのポイント>

●主食になるもの
ごはんやパンそのものだけではなく、たんぱく質を含む食材や野菜を組み合わせると、一品で栄養バランスを整えることができる。具を混ぜ込んだおにぎりや、野菜やハムをのせたピザトーストなら、一品でボリュームアップ。


野菜をカットしておくと、オムレツの材料にもなって便利!

●カットフルーツ
果物はあらかじめ切っておく。リンゴ(薄切り)、グレープフルーツ、オレンジなどをはちみつであえておく。苦手でなければ、レーズンや干しあんずを混ぜてもおいしい。果物は好みで何でもOK。