公立中高一貫校ならどこでも同じというわけではありません。各学校それぞれ教育方針が違い、独自のカリキュラムを展開しています。それほど学校の数が多くない公立中高一貫校の場合、つい近くの学校にばかり目が向きがちですが、それぞれの学校の違いを知って、わが子にあった学校を探すことが大切です。今回は東京都の注目校、小石川中等教育学校大泉高校附属中学校を訪ねてみました。

 

偏差値トップの小石川中等教育学校

 東京都では2005年に先陣を切って白鴎高校附属中学が開設しました。翌年には小石川中等教育学校桜修館中等教育学校両国高校附属中学千代田区立九段中等教育学校の4校が開設。2008年に立川国際中等教育学校武蔵高校附属中学の2校、そして2010年に大泉高校附属中学富士高校附属中学三鷹高校附属中学南多摩中等教育学校の4校が開設し、現在全部で11校設置されています。

 大手中学受験塾・四谷大塚の合不合判定模試の合格可能性80%偏差値(2013年12月模試)男子では、東京都の公立中高一貫校トップは小石川で64。女子は小石川と武蔵が64で並んでいます。公立中高一貫校は母体となった高校によって評価される傾向が強く、東京府立第五中学校以来の名門・小石川高校を母体とする小石川は設立当初から注目を集めました。もちろん今でも、説明会に1200人あまりの親子が訪れる人気校です。

 「小石川教養主義」を謳っていますが、特に理数教育に定評があり※スーパーサイエンスハイスクール(SSH)にも指定されています。

「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」文部科学省が科学技術系人材の育成のため、独自の取り組みで理数教育に重点を置いた高校を指定する制度。指定された高校をSSH指定校と呼ぶ。

合格実績には既卒生(浪人)も含む
合格実績には既卒生(浪人)も含む

科学コンテストで実績

 数学は中2までに中学3年間のカリキュラムを終了。3年からは高校の内容を履修します。理科は物理、化学、地学、生物を専門の先生が担当し、1年次は約7割が実験か観察で、毎回レポートを作成。理科室はそれぞれの専門の教室と科学室合わせて5教室が設置されています。科学コンテストではポーランド科学アカデミーが主催する高校生国際物理学論文コンテストで9年連続受賞・入選、昨年は生物オリンピックで銀賞を受賞するなど、輝かしい成績をあげています。

小石川中等教育学校での実験の様子。SSHに指定されているだけあって最先端の実験器具が揃っている
小石川中等教育学校での実験の様子。SSHに指定されているだけあって最先端の実験器具が揃っている

 小石川は理数のイメージが強い学校ですが、英語の教育も充実しています。2年次に行う2泊3日の国内語学研修を経て、3年次には2週間オーストラリアで語学研修、5年次にはシンガポールやマレーシアなどに修学旅行で訪れます。

次ページから読める内容

  • 受検倍率トップの人気校 大泉高校附属中学
  • 探究のプロジェクトを設定
  • 個性豊かな東京の公立中高一貫校

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。