子育ての軸を一本決めておくと心のブレが少なくなる

 子育てに関する情報ってたくさんあふれていますよね。  

「この月齢なら離乳食はこうしたほうがいい」とか、「3歳までは怒らないほうがいい」とか。

 確かに情報に助けられる部分はあるのですが、逆に情報を取り入れすぎて混乱したり、自分を追い詰めたりすることにもなってしまいます。

 子育ては日を追うごとに課題も変わるし、手探り。なかなか自信を持てなくて、ブレやすいじゃないですか。「このやり方でええんかな?」「うちもやらなくて大丈夫なんやろうか」と不安になったり、人と比べて焦ってしまったり。それって結構しんどいものです。

 だからこそ、情報は仕入れたとしても、「スルっと流す」ぐらいでいいんじゃないかと思うんです。「まぁ、そういう考え方もあるよね」と。共働きの家族、ただでさえ毎日やることが多いのに、一つ一つの情報を真に受けていたら身が持ちません。

子どもに対してのルールも一つだけに絞って多くを求めない

 わが家は、ブレないための最低限のルールをヨメと話し合って決めました。

 とてもシンプルなんですが、「家族みんなでごはんを一緒に食べること」です。

次ページから読める内容

  • たとえ周囲と比べて焦っても、軸が一本あればセーフティネットになる
  • 生活を「食」中心に。一日を豊かに過ごせるようになった

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る