子育ての軸を一本決めておくと心のブレが少なくなる

 子育てに関する情報ってたくさんあふれていますよね。  

「この月齢なら離乳食はこうしたほうがいい」とか、「3歳までは怒らないほうがいい」とか。

 確かに情報に助けられる部分はあるのですが、逆に情報を取り入れすぎて混乱したり、自分を追い詰めたりすることにもなってしまいます。

 子育ては日を追うごとに課題も変わるし、手探り。なかなか自信を持てなくて、ブレやすいじゃないですか。「このやり方でええんかな?」「うちもやらなくて大丈夫なんやろうか」と不安になったり、人と比べて焦ってしまったり。それって結構しんどいものです。

 だからこそ、情報は仕入れたとしても、「スルっと流す」ぐらいでいいんじゃないかと思うんです。「まぁ、そういう考え方もあるよね」と。共働きの家族、ただでさえ毎日やることが多いのに、一つ一つの情報を真に受けていたら身が持ちません。

子どもに対してのルールも一つだけに絞って多くを求めない

 わが家は、ブレないための最低限のルールをヨメと話し合って決めました。

 とてもシンプルなんですが、「家族みんなでごはんを一緒に食べること」です。

次ページから読める内容

  • たとえ周囲と比べて焦っても、軸が一本あればセーフティネットになる
  • 生活を「食」中心に。一日を豊かに過ごせるようになった

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。