時短勤務、あるいはフルタイム勤務でもなるべく定時に上がって保育園へのお迎えに直行――。勤務時間に制限があるワーママ(パパ)は、社内外の人とコミュニケーションを取る時間もおのずと限られてきます。しかし、働くママ自身、重々承知しているのではないでしょうか。大切な情報の多くは、勤務時間外に行き交っていることを……。

しかも、営業やコンサルタント職などであれば、顧客や取引先とのリレーションを深めるために一緒に飲みに行くこともありますが、働く親にとってはそれもままなりません。今回はこの「コミュニケーション欠乏症」を防ぐ方法をお話しします。

 家事・育児のために夜の時間を自由に使えない方には、ランチタイムを活用して人と会う時間、話す時間をつくるのが一番のオススメです。時間がないからといって人とのコミュニケーションの時間を削ると、情報も入らなくなるし、関係を深めることも困難。長い目で見ると、ビジネスを展開していくうえで何かと損です。

ランチタイムこそ、情報収集にもってこいの大切な時間

 そこで、相手をランチに誘い、「オフ」の場で話をする機会を積極的に設けてはいかがでしょうか。ランチタイムも回数が限られているものですので、次のような人たちとのコミュニケーションを大切にするといいでしょう。

1. 【部署内・社内のキーパーソン】

 「会議や打ち合わせの場で、みんなが当たり前のように話していることが分からない」という経験、働くママならば少なからずあるのではないでしょうか。夜の時間帯や飲み会での雑談が発展し、いつの間にか自分以外のメンバー間で共通認識事項となっているのはよくあること。

 そうした情報をキャッチするためには、部署内や社内他部署のキーパーソンを押さえておき、定期的にコミュニケーションを取ることが有効です。

 ここで言うキーパーソンとは、役職者など裁量権を持つ人物ではありません。常に人の輪の中心にいる、議論が始まったときに自然とファシリテーター的な役割を担っている、社内の人間関係や人事情報に詳しい、情報感度が高い……そんな人物のこと。

 そうしたキーパーソンと親しくなり、ランチを一緒に取るなどしてはいかがでしょう。遅い時間までオフィスに残らなくても、あちこちの飲み会に顔を出さなくても、その人とランチタイムを過ごせば、一括して情報を入手できます。最小限の行動で最大限の効果が期待できるというわけです。

2. 【上司】

 上司と社内で話をする際には、業務の話が中心になりますが、ランチタイムという「オフ」の場では、プライベートの話をしておいたほうが得策です。自分の家族の状況を伝えておけば、いざというときにフォローしてもらえるかもしれません。

 併せて、自分の今後のキャリアビジョンも話しておくことで、それを踏まえたミッションを与えてもらえるなど、キャリア構築のサポートも受けやすくなるでしょう。

 自分がマネジャーである場合は、上司にチーム内で気になっているメンバーのことを伝えておくと、自分が不在のときも気にかけて、代わりにフォローしてもらえることも期待できます。もちろん頼るのは最終手段。まずは、上司に頼らずに自力で解決することが大前提ですが。

次ページから読める内容

  • ランチタイムに話が弾むお店の選び方――個室、長時間滞在OK
  • 誘ったら、こちら持ち。仕事につながる大事な投資

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。