「お稽古事を長く続けさせたい」と思っても子どもにその気がないから無理、というパターンは多い。わが子をやる気にさせる、興味を持たせるには親のかかわり方がポイントだ。

 「幼児期からお稽古事をするメリットは、学習の態度を身に付けられることです。一つのことにコツコツと取り組み、自分のものにしていく態度を一度身に付けられれば、ほかのことをするときでも、同じように取り組めるのです」と白百合女子大学教授の田島信元さんは話す。

 しかし、1年、2年の短い期間でやめてしまっては、学習の態度を身に付けることはできない。ある程度の期間、一つのお稽古事を続けることが欠かせないのだ。

興味を引き出し長く続けさせるには

 ではどうすれば、長く続けることができるのか。まずはお稽古事への興味を持たせることが大前提。以下に紹介する方法で、子どもの興味を引き出してみよう。

次ページから読める内容

  • 子どもにとって一番しんどい第2準備期の「壁」

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。