子育て中のママ、パパなら、みんなそうだと思うのですが、子どもが小さいと、やはり時間的に大きな制限がある中で働かなくてはいけません。出張も行きたいし、勉強にだってもっと時間を使いたいのに。スタッフとも食事や飲みに行って話を聞いてあげたいのに。何もかも中途半端で、そんなんだったらやめてしまった方がいいのか、と、時々自分の中で、完全に行き詰まります。

 これは、子育てに関しても同じです。

 私の母は、専業主婦だったので、自分が母にしてもらったことと同じことを子どもにもやってあげたい、という気持ちが根底にあります。

 毎日完璧な食事を作り、たくさん遊んであげて、寂しいなんて気持ちにはひとときもさせず、幼稚園のお迎えにも全部自分で行ってあげたい。手作りのクッキーなんかを、楽しくおしゃべりをしながら子どもと一緒に作りたいし、プールの浮き輪や上履きも、アマゾンではなくて一緒に買い物に行きたい。私のせいで子どもが寂しい思いをしたり、将来、グレてしまったらどうしようと、わけもなく暗い気持ちで心配をしたりもしています。

 さて、実は「日経DUAL」のロゴデザインを手掛けました。多くの読者の皆さんに素敵だなと思ってもらい、何より日経メディアらしく信頼感を持ってもらえるよう意識して提案しました。いかがでしょうか?

 そんなご縁で連載をさせていただくことになりました。これから私が日々考えることを書いていきたいと思います。私への質問などありましたら、ぜひお寄せくださいね。

週末は自然の多い軽井沢で過ごす。近所のお兄ちゃんに遊んでもらっている息子たち(下の2人)。砂でケーキを作っています
週末は自然の多い軽井沢で過ごす。近所のお兄ちゃんに遊んでもらっている息子たち(下の2人)。砂でケーキを作っています