あなたは日々の仕事や子育てに追われ、「不機嫌」にはなっていませんか。不機嫌なときには決まって何かに怒っているか、疲れ果てているか。迷いや悩みを抱えているときも機嫌よく、とはいかないものです。ワークライフバランス・コンサルタントの著者がこれまで接してきた多くの女性たちの悩み、夫と二人で一男一女を育てた自身の経験をもとに編み出した、「不機嫌」ループからの脱出方法を書籍『脱・不機嫌な女』から厳選してお伝えします。

 家事・育児をまったくしない夫というのは、最近では極めて少数派になってきましたが、このようなめずらしい存在の夫を持った場合、妻はかえって諦めがつきやすいようです。「こういうヒトだから」とか「わかっていながら選んだのは私自身だから」と、納得しているのです。

 また、「外で働くのが夫の仕事」「家のことは私の仕事」というキッカリとした役割分担を認め合い、それを合理的と考えて実践し、なおかつ(ここが一番重要ですが)夫婦双方に不満や疲れがない場合も幸福なケースと言えるでしょう。

 しかし、そうした夫婦関係は団塊の世代くらいまでで、今や夫といえども、家事・育児には多少なりとも関わるのが普通になっています。

 なぜなら、結婚当初は役割分担をするつもりでいても、育児を妻が一人で担うことには限界があるからです。

 かつてはご近所や親戚など多くの大人が自然に子育てに関わっていましたが、今では「孤育て」と言われるように、母親一人が孤軍奮闘しています。疲れ果ててしまい、最悪の場合は虐待というケースもあります。24時間休みのない子育てに疲れ、一般には妻が夫に協力を求めるでしょう。

夫の内心、妻の内心

 夫は内心、「仕事で疲れているのに」と思いながらも、愛する妻子のために頑張ろうとするのですが、ついつい出てしまうのが「手伝ってるオーラ」です。

次ページから読める内容

  • 本当の「ゴミ出し」にかかる手間
  • 極意は、ひとかたまりの家事すべてを任せる
  • 一度任せたなら口は出さず、見守って

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。