前編「認可園に落ちたらどうすべき? 園の種類別比較」では、ワーママがぶつかる第1の壁~保活編~と第2の壁~働き方編~をお伝えしました。今回は、復帰してから働くママがぶつかる3つの壁についてご紹介します。

※この記事はハイスキルマザー向けの仕事紹介事業を行うWarisが8月24日に行ったセミナー内容に基づいて作成しています。

<講師>
キャリアカウンセラー
藤崎葉子さん

ベンチャー企業での人事担当、人材紹介会社勤務などを経て株式会社サクセスボードへ転職。現在は人事コンサルタント、キャリアカウンセラー、研修講師として活躍中。2009年に女児出産後、産休・育休を経て復帰。http://www.neutralwoman.com/

<パネリスト>
●寒川英里さん…出産・復帰後に2度の転職を経験し、現在は大手IT企業に勤務するワーキングマザー。4歳の女児のママ。
●石崎舞子さん…メガバンクに14年勤めた後に、ワーキングマザーを応援するコーチとして独立。小4と小2の2児のママ。

ワーママがぶつかる第3の壁~体調管理編~

 子どもがまだ小さいうちは体調を崩しやすい。だが、ついつい子どもの病気に気をとられて意外と見落としがちなのが、ママ本人の体調管理だ。

 仕事と子育て、家事に追われる厳しいタイムマネジメントや心理的プレッシャーの中で心身はギリギリの状態。子どもの病気の看病明けや仕事の繁忙期明けなど、ピンと張り詰めたものがなくなった途端に、一気に体調を崩すという人も少なくない。

 寒川さんは、「東日本大震災のとき、勤務先から娘を迎えに行こうと夜を徹して歩き続けたのがよくなかったのか、私自身が肺炎になってしまった」という。

 「結局、1週間会社を休むことになり、治ったと思って出社して働き始めたら、また再発してしまってさらに1週間休むことに…。ちなみに看病のために来てくれた実家の母まで肺炎になってしまって、本当に大変でした」

 「ママの日常の健康に勝る優先事項はありません。多少、部屋が汚くなっても、洗濯物を取り込んだままでも、家事はほどほどにしてたっぷり睡眠時間を取って体調管理に気を配りましょう」(藤崎さん)

ワーママがぶつかる第4の壁~小学校入学編~

 ワーキングマザーが直面する第4の壁が「小学校入学」。いわゆる「小1の壁」だ。

次ページから読める内容

  • ワーママがぶつかる第5の壁~パートナーの協力編~
  • 朝、夕飯用のお弁当を夫が“ファミサポさん”宅へお届けする連携プレー
  • 唯一生き残るのは、変化できる者である

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。