月1回でもいいから、「この日だけは必ず早く帰る!」という日を決めてしまう。例えば、「子どもと一緒にごはんを食べたいので、第3金曜日だけは早く帰ります!」と職場で宣言してしまう。周りも「○○さんは第3金曜日は子育てデーだ」って認識するようになるから、帰りやすくなるし、自分も「一日だけでも実行できたぞ!」という達成感につながるんですよね。

 すると不思議なもので、「もうちょっとできるかも」って意欲が出てくる。来月から月2日、いや3日にしてみようかなという気にもなってくると思うんです。まぁ、ママからしたら全くもって足りないでしょうけど(笑)、ないよりは月1回でもあったほうがいい。

 そうやって少しずつ仕事と育児の割合のちょうどいいところを探っていきながら、夫婦の協力体制を地道に築き上げていくのが大切なのかなと思いますね。

(ライター/伯耆原良子 撮影/鈴木愛子)

パパが初めて子どもに料理を作るなら、人気のオムライスプレート!

コウケンテツさんの人気著書『子どものまんぷくごはん』から、おススメのレシピを公開

<とろとろのっけオムライス>

●材料(2人分)

卵……3個
鶏もも肉……1/2枚
玉ねぎ……1/4個
ご飯(温かいもの)……茶碗2杯分
トマトケチャップ……大さじ3
塩、こしょう……各少々
サラダ油……大さじ1
バター……10g


●作り方

1.ボウルに卵を割りほぐし、塩少々を混ぜる。鶏肉は2㎝角に切り、塩、こしょうをふる。玉ねぎはみじん切りにする。

2.フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を炒める。肉の色が変わったら玉ねぎを加え、透き通るくらいまで炒めたらトマトケチャップを加える。ご飯を加えてほぐしながら炒め合わせ、均一に混ざったら器に盛る。

3.フライパンをペーパータオルで拭いて火にかける。バターを入れて溶かし、1の卵を流し入れ、箸で大きく混ぜる。半熟状に固まってきたら火を止め、ご飯にのせてトマトケチャップ(分量外)をかける。

●子どもがよろこぶポイント

火はあまり強すぎないよう中火で。卵を一度に流し入れ、箸で大きくゆっくりと混ぜて、ふんわりと仕上げよう。


<シーザーサラダ>

●材料(2人分)

グリーンリーフレタス……2枚
粉チーズ……小さじ1
A
 マヨネーズ……大さじ1
 レモン汁……小さじ1
 塩、こしょう……各少々

●作り方

1.レタスは食べやすい大きさに手でちぎる。

2.器に盛り、混ぜ合わせたAをかけて粉チーズをふる。

『子どものまんぷくごはん』

コウケンテツ著/家の光協会

初心者でも、パパでもおいしくできる栄養たっぷりの人気のメニューを簡単3ステップで紹介! 食べやすいワンプレートで子どもがよろこぶポイント付き。食卓が楽しくなるヒントが満載です。

●アマゾンで購入する